読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネバーランド A GO!GO!

f:id:tuta_maturi:20170105202134j:plain

ずっと気になっていた舞台、bpm公演「ネバーランド A GO!GO!」をようやく観ました!

 

脚本・演出:

出  演:

東地宏樹 豊永利行 木村 昴 田中良子 栗山絵美 渡部優衣 今立 進(エレキコミック)/
猪狩敦子 谷口賢志 伊藤マサミ NAO-G 菊地 創 浅沼晋太郎
 
初見の感想としては「人間が信じられなくなる恐ろしさ」に尽きます。
「面白い」と「怖い」が休憩する間もなく交互に訪れるのでまるでジェットコースターに乗った後のような疲労感が凄かったです。
最後の黒幕の豹変は本当に恐ろしく鳥肌が立ちました。
ところどころ「ん?」って思う場面もあったのですが、私たちが考察する隙を与えてくれないんですよね。
浅沼晋太郎さんはどんでん返しの演出が好きなんだろうな~と思っていましたが、これは最後の最後まで気を抜けない作品でした。
これは是非劇場でも見てみたかったな、と思いましたがこれを生で観たら冗談抜きに漏らす自信があります。
一応ネタバレ禁止の舞台なので細かい感想が呟けないのが残念です。
でもこれだけは言わせてください。「かえるの財布」のシーンが一番泣きました。
ただbpm再演アンケートぶっち切り1位というのも納得の作品でした。
少しでも気になる方は是非見ることをお勧めします!
 
ところでTwitterで感想を見ていたところ、同じく浅沼さん作・演出の「radio killed the radio star(レディレディ)」という舞台と比べられているツイートが多々見受けられました。
こちらは存じていなかったのでググってみたのですが、どうやらこちらも相当残虐な舞台らしいですね…。
どうやら途中で退席してしまう人もいたようで…。私もあまりグロいものが得意ではないので、きっと目を覆ってしまうかもしれません。
ネバゴーの時点で私は彼の人間性というか、感性を疑ってしまいましたが(笑)
まぁ本人曰く「トラウマになるような作品を」がテーマらしいのである意味正解かもしれませんね。私もむしろ観たくなってしまいました(笑)
 
ネバゴーの初演は2002年、それから何度か再演を行っているらしいですね。
可能性は低いと思いますが、もしいつか再び公演をして頂けるのであれば、その時は是非劇場で観たいと思います。
それほどまでに魅力的な作品でした。
 
1/14のbpmフェスタ、夜の部に参加してきます!
初めての遠征に今からドキドキしています…。
浅沼さん推しの友人曰く「ネバゴーを見たら浅沼さんをまともに見られない」だそうです。わかる。
 
ディズニーランドの幻聴が止まりません。